FC2ブログ

久しぶりの深大寺・・・

義父が好きなラーメンの店・・・いつも寄ります。

20200811-01

寺なのになんだか癒されます。

20200810-01

この寺に来ると色々なことを思い出します。

30年ほど前に母と二人でこの寺の金木犀を見に来たこと・・・深大寺には大きな金木犀の木があり秋はとても見応えがあり香りで満たされます。母の大好きな花です。

参道脇には名店と呼ばれるお店が軒を連ねていて、脇にある池には亀が甲羅干しをしています。その池に相方が子供の頃に亀を逃したとか(苦笑)冗談混じりに蕎麦を食いならが聞いたことがあります。

そして、今回のお盆の主役「伯母」の86年の人生の全てがこの寺の周りで過ごされていたこと。我が愛犬クーちゃんの面倒を一番見てくれていた伯母・・・ 3年前の春に伯母が住んでいる一部屋をリフォームしている時に私たちの見ている前で転んだことから始まった伯母の終末。

その時は、腕の骨折が治ればまた楽しく暮らせるとた高を括くくっていた私たち・・・リフォームも義弟と相方、そして私でなんとかうまい具合にできた部屋で軽い気持ちでのんびりした事を覚えています。

ただ、その後の様々な原因で背骨の圧迫骨折を3箇所、手術を3回。その後、伯母の一人暮らしを経て伊豆の介護施設へ。そして、再度入院・・・帰らぬ人に。

医療の矛盾と病院のルール(3ヶ月退院を原則としている)や、逝った時の病院の接し方、葬儀の手順、墓のあり方、いまもつづく相続の手順とルールと建前。生きていくことや終末を迎えることの難しさを痛感します。

難しいですね。生きるということ、そして、了るということ・・・



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相方の実家は深大寺の檀家で卒塔婆をいただきに行きました。
久しぶりの深大寺・・・大きなお寺です。
この寺の隣に城跡があり、そこに蕎麦を育てる場所がありその蕎麦が深大寺蕎麦の始まり。年2回の収穫があり8月に蒔く畑の準備がされていました。

20200809-03

20200809-02

20200809-04



20200504-01 ただの落書きですが(苦笑) あまびえ様 です

なんとなく忙しくなってきています。
ご返事訪問が難しくなることがあると思います。お許しくださいませ。

では、では、素敵な1日をお過ごしください。

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ