染色工芸家「芹沢銈介」②

芹沢銈介氏との出会いは・・・



    ずいぶん昔から見てはいたのですが「鈴廣のかまぼこ」味のあるいいロゴだな〜ぁ。くらい・・・

  20170429-02



    そして、ある書籍で「法然上人御影の軸」が紹介がされていて、面白い軸だな〜ぁ くらい・・・

                20170429-01



      そして、知人の家にある「縄暖簾」へ〜ぇ、素敵な暖簾だな〜ぁ くらい・・・(爆笑)

      20170429-03


そんな何気ない出会いの末に、芹沢氏のお弟子さんの息子さんとの出会いがあってから急に興味がわき、そして、型染めという、布や和紙に染める技法に興味を持ち、いろいろな作品を観るにつけ虜になりました。

もともと、染色をされてたのですが、「どんきほうて」の書籍を機に本の装丁デザインやカレンダーなどなど、多方面に才能を発揮されている作品群!それは、それは、見応えがあります。
「暖簾」「屏風」「間仕切り・カーテン」「着物」「帯・帯地・染裂」「掛け軸・額」「焼き物」「ガラス絵」「絵本」「カレンダー」「本の装丁」「イラスト」「絵画」などなど・・・


そして、出身が静岡という事もあって、とても身近に感じたました。
知れば、知るほど素敵な方で人柄も私の理想でもあります。


前にご紹介した、「登呂遺跡」の横に隣接する「芹沢銈介美術館」機会のある方はぜひ!

静岡私立 芹沢銈介美術館
〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5

TEL 054-282-5522
FAX 054-282-5510
seribi@city.shizuoka.lg.jp


作品をご覧になりたい方にはこちらを「pinterestにアップしました」>>>


「型絵染」は芹沢氏のみが使っている呼び名。
型染めについてはまたの機会に・・・(全て天然素材を使った素敵な染めものです)









では、では、
今日も素敵な1日を〜♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

Read more...

染色工芸家「芹沢銈介」

     私の大好きな作家さんの一人です。

     芹沢銈介 型絵染師(人間国宝)

     芹沢銈介-02




           まずは「のれん」
           芹沢銈介-01


  芹沢銈介-001

  芹沢銈介-004     芹沢銈介-003     芹沢銈介-002

                     ねっ!素敵でしょ。





こちらが、芹沢銈介美術館!

芹沢銈介-007

建物がとても素敵で、時間がゆっくりと流れています。
芹沢銈介-006

パリの個展でも大盛況だったそうです。
芹沢銈介-008

つづく・・・










では、では、
今日も素敵な1日を〜♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ