リニュアルオープンした「MOA美術館」ぜひ!

先日、昨年から今年の2月まで改装をしていた。MOA美術館にいってきました。

展示物は「山中常盤物語絵巻(重要文化財)」です。

20170505-01

今回は最上階より入場!

20170505-02

エントランスから変わっています。


      内側に入って振り返ると・・・

      20170505-03

黒と赤の漆塗りでしょうか?

かなりのインパクトです。

そして、エントランスフロワーから見る。相模湾は・・・

真正面に初島が見え、その右奥に大島・・・
とても雄大で気持ちのいい景色が迎えてくれます(ここは以前と同じ)

20170505-22


さて、展示室へ・・・

まずは「岩佐又兵衛勝以(いわさまたべいかつもち)」作者の紹介です。

20170505-06

屏風があって・・・
あとは絵巻物がずらりと・・・
内容も現代語で説明がありよくわかります。

20170505-07

内容は、「牛若丸(源義経)」と、母「常盤」のお話。

20170505-08
20170505-09
20170505-10
20170505-11
20170505-12

別れていた息子に会いに行く途中に病気になり、途中盗賊に襲われ死んでしまいます。夢にまで出てくる母を思い、牛若が母に会いに京に向かう途中に山中で1日違いで亡くなった母の塚に出会い。盗賊に仇をうつ話・・・

400年近く昔しに書かれた絵巻物がこんなに鮮やかな色を残し、卓越した技術で描かれた絵巻物として残されていることに感嘆。楽しませていただきました。



他にも常設として飾られている。
おなじみの「国宝の仁清」いつ見ても見事!という感じです。

国宝20170504-01

こちらは、岩佐又兵衛勝以の自画像

20170505-14 20170505-15

20170505-15

20170505-16



こちらが創設者の「岡田茂吉」さん

20170505-19

すごいものを残してくれたものです。

さて、ここまででお気づきになったとおもうのですが・・・
全て私が撮影をしています。

美術館で撮影?・・・私は他の美術館で撮影フリーなんて美術館をしりません。
もちろん、フラッシュはNOなのですが、とてもすごいことです。
ネット社会の今、こうして、重要文化財がネットで流すことができ、多くの人に見ていただくことができるのはとてもいいことだと思います。しかも、画面を見てお分かりになるとおもうのですが、まるで、作品と私の間にガラスがないかのように撮影がされています。閲覧するときにも邪魔になるガラスの反射を極力抑えられています。
良いリニュアルがされていました。


でも・・・
唯一撮影が許されていない場所があります。
それが、この6番目の部屋。

日本で人間国宝のに指定されている方々の作品群です。

20170505-17
20170505-18

部屋の外側から撮影したもの(苦笑)

まぁ!現代の方でもありますから、機会があったら色々なところで目にすることができるのでよしとしましょう。



展示室を出ると、またゆったりとした空間が広がりとても爽やかな気持ちにさせてくれます。

20170505-21



その他にも・・・

エントランスの横の部屋には「黄金の茶室」や

20170505-04

能楽堂も見ることができます。

20170505-20

そして、エントランスホールには、触ろうと思えば触れそうな、囲いのない。展示物も・・・

20170505-05

箱根の彫刻の森の人気の一つに、展示物を自由に触れる庭があることが挙げられています。世界でも類のない展示方法ですが、そんな展示に近い気がしました。凄し!

私は年に数回、特別展示を見に行くのですが、毎回楽しませていただいています。
展示数がもう少し多いといいな。って、思うくらいでとっても満足しています。
特に、美術品の展示以外にも尾形光琳の紅白梅図(国宝)や葛飾北斎の富嶽三六景+10枚の四十六枚を所蔵などは年に期間を設け展示がされます。いいですよ(笑)

OMAさんと何か関係があるわけではないのですが、熱海を盛り上げてくれているのは事実!感謝です。


20170505-25

〒413-8511
静岡県熱海市桃山町26-2
TEL 0557-84-2511(代表電話)

ぜひ!



「撮影なら私たちのもお好きにどうぞ」
20170505-23

「でも、触られるのはおことわりですけど・・・」
20170505-24


いやいや、どうもありがとうございます(苦笑)
ツバメの季節がやってきています。
目の前をスーイスイっと・・・

イソヒヨドリの♂さんは毎日朝から綺麗な声を聴かせてくれます。感謝!







では、では、
今日も素敵な1日を〜♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ