日本初の「公衆電話」in 熱海

      こちらが日本初の公衆電話ボックス!(電話は違いますが・・・)

      20170623-01

熱海にはもともと御用邸があり、また東京から近距離ということもあって、多くの財界人、政治家の方が多く訪れていたようです。そのため東京都との連絡のためにこの公衆電話が明治22年1月1日に設置されたようです。東京で電話交換業務が開始されたのが、明治23年12月からですから、2年ほど前から頻繁に使われていたみたです。

現在もスマホおが手放せない方が多いように、やはり連絡手段としては必要不可欠だったのでしょうね。




一昨日は恵みの雨?が降っていたのに、昨日今日と晴れ!梅雨はどこへいってしまったのでしょう?

この季節、部屋の中が梅の香りで充満しています。いい香りです。そろそろ、梅干しを作る時間になってきました。








では、では、
今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ