キウイ狩りとみかんの学習!

先日キウイ狩りのお手伝いをしました。
網代小学校の農業体験です。

キウイ狩り20171124-23

網代小学校から3kmほどを歩いて下多賀にある松尾さんの農園に到着です。

キウイ狩り20171124-04

先ずは簡単な挨拶から・・・

キウイ狩り20171124-05

1〜3年生の農業体験なのですが、1・2年がキウイ狩り、3年生がみかんのお勉強です。
早速1・2年生がキウイ狩りに・・・

キウイ狩り20171124-06

そして、3年生はみかん栽培の説明を聞いて・・・

キウイ狩り20171124-19

幾つかの質問を用意してきて、農家の方に質問です。
しっかり書き留めながら・・・

キウイ狩り20171124-07

その後はみかん狩りです。

キウイ狩り20171124-09

      キウイ狩り20171124-08

      現在みかんの種類は300個以上あるそうです。
      そして、こちらの農園では、青島みかんが栽培されています。
      早稲みかんも栽培されていて、こちらは食べごろ!
      その他にも、橙や甘夏、はっさく、レモン、ニューサーマーオレンジなどなど
      色々な柑橘類が栽培されています。

      葉っぱ20〜30枚に1個のみかんとする感じで摘果もします。
      全体の8割ほどをとってしまうことも・・・

      現在は全体的に小さな甘いみかんが好まれているそうで、摘果の数も減っているとか


そして、みかんの勉強が済んだら今度はキウイ狩りです。

キウイ狩り20171124-11

      キウイ狩り20171124-12

キウイ狩り20171124-13

1時間ちょっとの農業体験!終わった後は早稲みかんの試食会(笑)

キウイ狩り20171124-14

キウイはカートン2杯ほど収穫です。こちらは学校に持ち帰り給食でいただきます。

キウイ狩り20171124-20

キウイ狩り20171124-22

みんなで撮影!楽しい農業体験になりました。

みかんは家族の数だけ!キウイはカートンごと学校へ!
重たい収穫物を持ちながら、また、学校まで歩いて帰ります。

キウイ狩り20171124-15

途中トイレ休憩もして・・・

キウイ狩り20171124-16

待っている間に「茶摘みの手遊び?」のようなものを三人で器用にやっていました。

キウイ狩り20171124-18

そして、帰路につきます。お疲れ様でした。

キウイ狩り20171124-17

楽しい時間を過ごすことができました。お手伝いしている大人達が癒されている感じがしたのは子供達のお陰です。
引率された先生方にも感謝です。

こちらは、網代小学校のホームページ>>>






さてキウイなのですが、原産地は中国!その種をニュージーランド人のイザベル・フレイザーによってニュージーランドに持ち帰えられキウイフルーツの原種が誕生しました。

20171123

キウイ狩り20171124-24 名前の由来は・・・こちらのキウイバード。似てますよね(笑)

収穫どきは今ころで、収穫時期には硬いのですが、1週間から10日ほど追熟させいただける状態になります。
ビタミン豊富で人気がありますよね。茶色い外見からは想像もできないエメラルドグリーンが顔を覗かせます。

キウイ狩り20171124-25

綺麗ですよね。みなさんお疲れさまでした。一部お写真をお借りしています。感謝!








さて、こちらは玄米を電子レンジでチンした時の写真です。なんだか綺麗なので写真アップです。

キウイ狩り20171124-03

a○さんの好きな赤もアップ(笑)

キウイ狩り20171124-02





そして、こちらは・・・「江戸縮緬作家のはうらまるさん」の新作!

キウイ狩り20171124-01

なんでしょう? 後日報告します。



あいかわらず仕事に追われる私ですが、こんなことで癒されながらどっこいしょ!と・・・
仕事に励んでいます(苦笑)









ATAMI ART EXPO 2017 オフィシャルホームページはこちら>>>

では、では、
今日も素敵な事が沢山おこりますように!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

さくらが満開です。

「ヒマラヤザクラ」なのですが、今年は1週間ほど早い開花で今が見頃です。

ひまらやざくら20171120-06

ピンクがかった小手鞠のようなさくら・・・
毎年この時期になると見るのですが、冬前に咲くこのさくらがとても好きです。
日本で一番遅いさくらなのでしょうか?

ネパールから送られたサクラでひっそりと南熱海の外れで咲いているがとても不思議な感じがします。

ひまらやざくら20171120-08

ひまらやざくら20171120-07

「山桜」「大島桜」そして、この「ヒマラヤザクラ」が全てのさくらの原種とされていると聞きました。
さくら切る馬鹿!うめ切らぬ馬鹿!と言われますが、さくらの手入れは大変で、人の手を借りないとなかなか上手く育ってくれません。甘えん坊な樹なんですね(苦笑)

      ひまらやざくら20171120-05

      そして、あと2ヶ月ちょっとで「あたみ桜」が見頃を迎えます。
      こちらは日本で一番早いさくら! 梅の見頃と変わらないのが面白い。

      こんな道案内とヒマラヤザクラの説明が!

      ひまらやざくら20171120-09 ひまらやざくら20171120-12






      「さくら」の記事の中に椎の実?秋のナッツが(苦笑)
      「どんぐり」は美味しくないのですが、子供の頃「椎の実」はよくいただきました。

      ひまらやざくら20171120-13

      見事な虫食い状態の葉っぱを見つけパチリ!

      ひまらやざくら20171120-10





ほぼ、各週ごとに行われる浜でのイベントが・・・こちらはフリーマーッケット!
私は来週隣町の伊東で行われるフリマに参加予定です。

ひまらやざくら20171120-03

ひまらやざくら20171120-04






昨日はヨットの大会があったのか? 沖には50艇ほどのヨットが右往左往・・・
適度な風がここちよく水面の走らせていました。

ひまらやざくら20171120-01





青空にはどちらにいくのか?ヒコーキが・・・

ひまらやざくら20171120-02

やっと、寒くなってきましたね。
季節の変わり目・・・ご自愛ください。

さて、本日の午前中は子供たちとキーウイがりです。
午後はお仕事がドーンと待ち受けています(苦笑)












ATAMI ART EXPO 2017 オフィシャルホームページはこちら>>>

では、では、
今日も素敵な事が沢山おこりますように!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

千歯扱き(せんばこき)

      先日、町の小学校の「稲刈り体験」のお手伝いをしました。
      そして、これが「千歯扱き」300年前に発明された脱穀のマシーンです(笑)

      稲刈り20171111-10

      先ずは各々のバケツで育てた稲を刈ります。

      稲刈り20171111-06

      バケツで育てる事の良いところは常に面倒を見られる事。田んぼに行かなくてすみますからね。
      そして、自分の育てた稲だと誰もがわかる事。

      稲刈り20171111-04

      稲刈り20171111-07

稲刈り20171111-03

先生も初めての稲刈りと脱穀の体験です(苦笑)

稲刈り20171111-08

南熱海の網代小学校は全校生徒でも20人もいません。ちょっと寂しい気がしますが、逆に仲が良くとてもアットホームな感じがします。先生との感じの良い距離感を羨ましくおもいます。

稲刈り20171111-09

      稲刈り20171111-05

      校内にある船の水槽には日本メダカがたくさん泳いでいます。
      稲刈りの運動をしている地元農家のM氏が20年ほど前に飼っているメダカを分けたもの
      年世代目になっていることでしょう?

そして、今年は2校とも大豊作でみなさん大喜び!こちらの米も古代米で学校給食の白米の中に入れてみなさんでいただきます。自分の育てたお米が給食でいただける楽しさも加わって、いい体験になる事を祈って・・・ お疲れ様でした。









こちらは、先日裏山の陶芸家M氏の「陶房展」ご報告は後ほど・・・

稲刈り20171111-02









そして、こちらは手抜きサラダ(苦笑)時間のない時によく作ります。
茹でたモヤシと鶏の胸肉、グリーンピースに自家製ドレッシング。ゴマを入れたり、塩昆布を入れたり、豚さんのピラピラのお肉を入れたり、様々ですが、その時にある簡単なもので、ちなみにモヤシの茹で方で味がかなり変わります。お湯に少しの塩をして・・・ 旨し!です。

稲刈り20171111-01








ご訪問、コメント本当にありがとうございます。
仕事の遅い私なので、てんこ盛りに溜まりに溜まっています。年を越せるのでしょうか(汗)
ゆっくりですが、コメントをさせていただきますね。









ATAMI ART EXPO 2017 オフィシャルホームページはこちら>>>

では、では、
今日も素敵な事がおこりますように!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

「古代米の切り株」です。

流石みなさんお分かりで・・・ 
イネ科の植物だと正解なのですが、古代米とはわかりませんよね(苦笑)
多分プロが見てもわからないと思います。

稲刈り20171109-03

20171008-01 いわゆる「赤米」というものです。黒米はもっと真っ黒!

白米や玄米にスプーン一杯入れて炊くとお赤飯のようになります。モッチモチになって旨しです。ぜひ!





      先日、実家に帰省して稲刈りをしました。古代米が半分!白米が半分。
      藁が欲しくて始めたのですが、以外と古代米がよく育ち大助かり!

      稲刈り20171109-05

      79歳になる母ですが、何度かの手術をへて現在現役のなんちゃって農家(笑)
      母との農業がいつまでできるのか? 大切にしたい時間でもあります。




そして、こちらは里芋の「アカメ」実際掘り立てはこんなに赤い芽をしています。

稲刈り20171109-04

普通の里芋も栽培しているのですが、今年はどちらも良いできで・・・
煮物にするとねっとりホクホク!旨しです。今の時期から食べる分だけ掘り起こし春先まで楽しめます。
来年の春。その残った芋を掘り起こし、種芋として又植えるのですが、本当に重宝するお野菜です。






使っていない畑には草を生やし時々刈って放置しています。虫がたくさんよってきます。
草を喰みフンをして土地を豊かにしてくれます。そうして、また耕し場所を変えての自然農法。

蝶もたくさんいますが、母はそれが心配の種でもあります(苦笑)ヒメアカタテでしょうか?

稲刈り20171109-06




      そして、こちらは先日のお手伝い! 次回報告させていただきますね。

      稲刈り20171109-07









さて、滅多に炊かない白米のお供は・・・ ブタさんの角煮!
角煮丼は時々無性にいただきたくなる我が家のメニューのひとつ!

稲刈り20171109-02

      稲刈り20171109-01

      ご飯に混ぜてほうばります。旨し!







ご訪問、コメント本当にありがとうございます。
仕事の遅い私なので、てんこ盛りに溜まりに溜まっています。年を越せるのでしょうか(汗)
ゆっくりですが、コメントをさせていただきますね。











ATAMI ART EXPO 2017 オフィシャルホームページはこちら>>>

では、では、
今日も素敵な事がおこりますように!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

皮は縦剥き?横剥き?

柔らかな熟した柿と硬い歯ごたえがある柿とどちらが好み?

柿20171104-04

      20171101-01

私はどちらも好きなのですが、結局どちらもいただく事になってしまいます。
実家の柿は世話をするのに簡単な大きさにとどめています。

よくなる年でせいぜい 30〜40 個。それでも、毎日いただくわけではないので最後は自然と熟したものになってしまいます(苦笑)どちらかといえば、熟した硬い柿が私は好きです。

子供の頃に青い柿をいただいた事があるのですが・・・口の中に広がる渋みはねっとりと絡みつくようななんとも言えない嫌感を記憶しています。やはり完熟の甘い柿に勝るものはありません。秋の味覚の代表選手です。





ところで、柿の皮はどちら向きに剥きますか?

柿20171104-02

柿20171104-03

リンゴや梨は縦剥き!柿は横剥き!が、私の剥きかた。なぜか柿だけが横剥きのような気がします(苦笑)

子供の頃に柿やリンゴ、梨などが食卓に置かれていたのですが、皮を剥かれたものは一切なし。食べたいがゆえに皮を剥くのですが、そのハジから家族が手を出していました(・・)それは、現在の相方の実家に行っても同じでなぜか皮を剥く係りなってしまう私・・・ まぁ!いただけますからいいのですが(笑)













秋も愛の季節なんでしょうね。

柿20171104-01










裏のお宅でニャンコの声が聞こえてきました。
親が産み落として行ったそうで・・・ 4匹の子猫がじゃれあっています。さて、この子達の運命は・・・

柿20171104-05




ご訪問、コメント本当にありがとうございます。
仕事の遅い私なので、てんこ盛りに溜まりに溜まっています。年を越せるのでしょうか(汗)
ゆっくりですが、コメントをさせていただきますね。












ATAMI ART EXPO 2017 オフィシャルホームページはこちら>>>

では、では、
今日も素敵な事がおこりますように!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ